大阪の中小企業向け運送会社の選び方 物流・配送コスト削減ガイド » 品目別・運送会社の選び方や注意点 » 大阪から各地に自動車部品を運ぶには

公開日: |最終更新日時:

大阪から各地に自動車部品を運ぶには

依頼する際の注意点

振動や衝撃を緩和しながらの運送ができるか

自動車部品は運送中に傷が付いたり、破損したりしないように細心の注意を払う必要があります。そのためのエアサス車を保有しているか、特殊な梱包資材などを使ってしっかり振動や衝撃を緩和する対策を取っているかなどを確認しましょう。

また、自動車部品の集荷や積み替え、荷下ろしなどの際にも、振動や衝撃に気をつける必要があります。運送会社だけでなく、荷物の積み下ろしをするドライバーにも、自動車部品輸送の経験があるかどうかもチェックしましょう。

納期と安全性

自動車部品が納期に届かないと、次の工程が滞ることになり非常に迷惑をかけてしまいます。交通渋滞など、ドライバーの技術などではどうしようもない遅延もありますが、納期を守るためにどのような工夫や対策をしているかは確認しておきましょう。

輸送で1番怖いのは事故です。ドライバーが悪くなくても、追突されるなど事故の可能性は常にあります。その際には、どのような対応をするのか、どのように保証するのか必ずよく打合せをしておきましょう。

配送できるトラックの種類

ウイングボディ

箱型の荷台の側面が左右に大きく開閉するトラックです。鳥が翼を広げているように見えることからウイングボディと呼ばれています。

大きく開くため、自動車部品のように重くて破損が心配な荷物でも、クレーンなどを使って積み込むことが可能です。

荷物を積んでしまえば風雨にさらされることがないため、自動車部品をしっかり守ってくれます。

バンボディ

アルミに囲まれた箱型の荷台があるトラックです。屋根があり風雨に強い点ではウイングボディと同様ですが、後部の扉しか開かないため積み下ろしはこの1箇所からしかできません。

平ボディ

荷台が平らになっており、アオリという囲いが四方にあります。屋根はなく露天積みとなるため、日光や雨風は避けられません。濡れては困る自動車部品がある場合には向いていないと言えるでしょう。

業者選びのポイント

自動車部品輸送の実績があるか

自動車部品は、各メーカーによってニーズも異なります。自動車部品は工場から工場への輸送や、また航空便や船便との荷物受渡などもあります。

現場では運転だけでなく荷物の管理もドライバーの仕事になるため、運送会社だけでなくドライバーが自動車部品輸送の実績があるかどうかは業者選びの大きなポイントとなります。

保有トラックはどうか

自動車部品は重量があったり、通常の荷物とは異なる特殊な形状であったりします。傷つけたり破損したりしないよう運ぶために、自動車部品の輸送に適したエアサス車などを保有しているかどうかもチェックしてみましょう。

また、どのように荷物を保護し、振動や衝撃から破損のリスクを回避しているかも気になるポイントです。大切な荷物を丁寧に運ぶための対策はしっかり確認しましょう。

万が一の補償や安全対策はどうか

輸送には事故リスクは付きものです。万が一のための補償や、遅延の際の対応などがどのようになっているか確認しておきましょう。

トラックが事故に巻き込まれたり、災害に遭ったりすると、積荷である自動車部品もダメージを受ける可能性があります。

補償があっても、所定の日時に自動車部品が届かなければ、先方に多大な負担を負わせることになります。安全性を評価する目安として全日本トラック協会が認定する「Gマーク」表示を参考にしてもよいでしょう。

自動車部品の輸送実績のある業者に相談しよう

自動車部品の輸送は、傷つけたり破損しないよう気をつける必要があります。搬出・搬入にもノウハウが必要なので、自動車部品の輸送を依頼するなら、実績のある業者に相談してみましょう。

大阪の物流倉庫を持っている会社をチェック

大阪の運送会社で
おすすめ3社を紹介!
(物流倉庫あり)

少しでも配送コストを安く抑えるためには、自社の商材ジャンルの搬送を得意としている運送会社を選ぶことが大事。
大阪から全国各地へ小口配送をしたい中小企業の為に、配送・保管の品質を担保できる大阪の運送会社おすすめ3社※を紹介。それぞれを得意な搬送物ごとに厳選しました。

※大阪府に本社がある従業員数50人以上~300人の一般貨物輸送業者から、事業所複数社あり、創業から30年以上で全国小口配送可能な企業を選出しています。(2022年6月時点)