大阪の中小企業向け運送会社の選び方 物流・配送コスト削減ガイド » 配送コスト削減のための基礎知識 » 小口配送とは?

公開日: |更新日:

小口配送とは?

こちらのページでは、小口配送について紹介しています。どのようなメリット・デメリットがある配送方式なのかをチェックしておきましょう。

小口配送とは

小口配送とは、消費者のニーズに応えることを目的としてさまざまな運送会社が採用している配送方法のことです。

この輸送方式は、一つの納品先に対し、少量の荷物を輸送する方法。小口配送では小ロットの配送を行うことができるため、幅広い品揃えを消費者が求めている現在では一般的な方法となっています。

小口配送の中でも、配送先に対して頻繁に配達を繰り返すものを「多頻度小口配送」と呼んでいます。小口配送の多くが、この多頻度小口配送にあたります。

全国へ小口配送を行っている
運送会社3選はこちら

小口配送の特徴

小口配送を行う場合には、1台のトラックに対して荷主や配送先が異なるさまざまな荷物を積むことが多くなります。これは、小口配送を行う場合には出荷する際にトラックに余裕がある、という場合が多いため。多数の配送先に届ける荷物を一緒に積むことによって、効率を上げています。

また、小売店では、多くの種類の商品を販売していますが、商品の補完スペースを十分に用意できないことが多くあります。多頻度小口配送を利用することによって、在庫量の細かいコントロールが可能になります。

小口配送のメリット

過剰在庫のリスク軽減につながる

必要な時に必要分だけ発注と輸送ができる小口配送は、過剰在庫のリスクを軽減できます。在庫の量を抑えられることで、在庫管理のコストも減らせますし、多様化するお客さまのニーズに迅速に対応することができます。

さらに、在庫の回転率も高まることから廃棄コストの削減にもつながるでしょう。

新鮮な商品を提供しやすい

小口配送では、必要な時に荷物を配送します。このことから、鮮度の高い商品の提供がしやすいという特徴があります。食品はもちろんですが、トレンドの移り変わりが激しいとされている衣料品や雑貨についても、流行のもの、注目されているものを仕入れて販売することができます。

小口配送のデメリット

物流コストが上昇しやすい

小ロットでの発注が多くなる小口配送の場合には、配送回数がどうしても増えてしまう可能性があります。このことから、配送料などがかさんで物流コストが高くなりやすい、という点がデメリットとして挙げられています。このように、物流コストが上がってしまった場合には商品の価格に反映されることから、売り上げ低下につながることがあるでしょう。

CO2の排気量など環境負荷が高くなりやすい

配送回数が増えることから、配送車が排出するCO2が増えるなど、環境に対する負荷が高くなりやすいのも小口配送のデメリットといわれています。

まとめ

消費者のニーズに応える小口配送。在庫管理費用が抑えられたり、鮮度の高い商品を消費者に届けられると言ったメリットがあります。

小口配送を依頼する場合には、ネットワーク力のある業者を選ぶことが大切です。多様な配送ルートを有しているため、より安い経路でさまざまな状況に適した配送方法を提案してくれるでしょう。

大阪の運送会社で
おすすめ3社を紹介!
(物流倉庫あり)

少しでも配送コストを安く抑えるためには、自社の商材ジャンルの搬送を得意としている運送会社を選ぶことが大事。
大阪から全国各地へ小口配送をしたい中小企業の為に、配送・保管の品質を担保できる大阪の運送会社おすすめ3社※を紹介。それぞれを得意な搬送物ごとに厳選しました。

※大阪府に本社がある従業員数50人以上~300人の一般貨物輸送業者から、事業所複数社あり、創業から30年以上で全国小口配送可能な企業を選出しています。(2022年6月時点)