大阪の中小企業向け運送会社の選び方 物流・配送コスト削減ガイド » 品目別・運送会社の選び方や注意点 » 大阪から各地に衣料(アパレル)を運ぶには

公開日: |更新日:

大阪から各地に衣料(アパレル)を運ぶには

依頼する際の注意点

季節商品に対応できるか

衣料(アパレル)商品は、季節による入出荷の変化が激しいという特徴があります。一般の商品より季節を先取りすることもあり、それらの変化に合わせて繁忙期を予測し、人員配置やシステムで対応できる運動会社かどうかは注意すべき点です。

在庫管理は正確に行えるか

衣料(アパレル)は小ロット多品種という特徴もあります。多種多様な商品を扱うため、在庫管理は複雑となり、より正確性の高さが求められます。

在庫管理のノウハウがないと、誤出荷に繋がってしまうため、効率的な在庫管理ができる専門的な在庫管理システムを保有しているかどうかを確認しましょう。

輸送の効率性はどうか

衣料(アパレル)がしわにならないよう、ハンガー輸送を専門に行っている輸送会社もあります。衣料はかさばるため、積み方によっては効率が悪く、通常より多くの車両を必要とすることも。

軽くて運びやすい衣料ですが、積載効率が考えられていないと荷物がたくさん積めず、余計な費用がかかることになります。

どのように衣料(アパレル)を運んでいるのか、積載効率にも注意しましょう。

配送できるトラックの種類

平ボディ

荷台がフラットになっているトラックで、横に落下防止の囲みがあります。荷物の積み下ろしはしやすいのですが、屋根がないため高く積むことには向いておらず、雨風の影響をそのまま受けてしまいます。

濡れては困る衣料(アパレル)の運送ですから、あまり向いているとは言えません。

バンボディ

アルミの箱型荷台のトラック。雨風の影響も受けず、停車中などの盗難にも対応できます。衣料(アパレル)の場合は、ハンガー車の装備をするのに最適なトラックです。

積み下ろしは後部の扉から行います。

ウイングボディ

バンボディのような箱型荷台トラックですが、両側の側面が大きく開閉するのが特徴です。荷物の積み下ろしがしやすいだけでなく、衣料(アパレル)の展示スペースとしても使用することができます。

業者選びのポイント

衣料(アパレル)運送の実績

衣料(アパレル)の運送は、煩雑な在庫管理や正確性が求められます。アパレル専門業者でなくても大丈夫ではありますが、やはり衣料(アパレル)の取り扱いや輸送に慣れており、実績やノウハウがある業者が望ましいでしょう。

衣料(アパレル)の場合、軽量で大きめの段ボールでの梱包が多いですが、ハンガー輸送にも対応できるかどうかは業者を選ぶ際の大きなポイントになります。

営業エリア

衣料(アパレル)の輸送では、数カ所分の荷物を1台に積み、各地で下ろしたり再度積み込んだりということがあります。

出発地点は自社エリアであっても、長距離の場合には途中から管轄外になることもあるため、その先は提携している現地の運送会社へ引き継ぐことも。

間違いをできる限り少なくするためにも、1社で完結できる業者を選ぶ方が安心です。

安全性の高さ

輸送には事故や災害に巻き込まれるリスクがあります。ドライバーの過失によるものでなくても、トラブルは起こりえますので、何かあった場合の補償や対応はしっかり確認しておきましょう。

また、安全性の高さは全日本トラック協会が認定する「安全性優良事業所(Gマーク)」かどうかである程度判断できます。事故の割合が一般の半分以下である認定ですので、安全制の目安にしましょう。

大阪の物流倉庫を持っている会社をチェック

大阪の運送会社で
おすすめ3社を紹介!
(物流倉庫あり)

少しでも配送コストを安く抑えるためには、自社の商材ジャンルの搬送を得意としている運送会社を選ぶことが大事。
大阪から全国各地へ小口配送をしたい中小企業の為に、配送・保管の品質を担保できる大阪の運送会社おすすめ3社※を紹介。それぞれを得意な搬送物ごとに厳選しました。

※大阪府に本社がある従業員数50人以上~300人の一般貨物輸送業者から、事業所複数社あり、創業から30年以上で全国小口配送可能な企業を選出しています。(2022年6月時点)