大阪の中小企業向け運送会社の選び方 物流・配送コスト削減ガイド » 物流業務を効率化するための基礎知識 » 成功事例から学ぶ
物流コスト削減のアイデアとは?

公開日: |最終更新日時:

成功事例から学ぶ
物流コスト削減のアイデアとは?

物流コストとは

物流を行う上では、さまざまなコストがかかります。外注するのであれば他社に依頼した際の費用などが該当し、自社で行うのであれば、人件費や倉庫代、梱包資材のダイキン、運送用のトラックに関わる費用など、さまざまなものが該当していきます

物流コストの現状(上昇を続ける物流コスト)

物流コストは現在、年々上昇を続けています。要因としては物流業界の人離れによる人件費の高騰、物流の需要に対する供給の少なさによる値上がり、そして国際情勢の影響による燃料代の高騰などが挙げられます。

物流コストが高騰する主な要因

積載効率の低下

物流コストが高騰する原因の一つが、積載効率の低下によるものです。在庫過多を避けるために小ロットで輸送したり、短いサイクルで商品の入れ替えを行うと、積載効率の低下が起こることがあります。コンテナ不足により大きなコンテナで運ばなければならないケースもあり、これも物流コストの高騰につながっています。

トラックやコンテナの積載スペースをうまく活用できないと、輸送頻度が増加し物流コストが増加してしまうのです。

燃油価格の高騰

近年問題となっているのが、原油価格の高騰です。原油価格の変動は、燃油価格の高騰と密に関係しています。

輸送エネルギーとなるガソリンや重油の価格が高騰することは、物流個数との上昇に影響するといえるでしょう。

ドライバー不足

物流に関する労働者の数は、年々減少しています。物流に関して過酷な労働イメージがあり、ドライバーのなり手が減っているのです。労働時間の制限による収入が頭打ちになったりと、現在ドライバーとして働いている人も別の職種を選びはじめ、人材の流出も問題となっています。これにより、物流業界で人件費が高騰しているのも問題です。

ドライバーを雇うと人件費が発生します。一度スタッフを雇うと簡単に減らすことはできません。物流に繁忙期と閑散期がある場合は、必要な人数を把握したうえで慎重に管理する必要があるでしょう。

物流コストの削減アイデア

このような状況を踏まえると、物流コストは企業にとってバカにならない負担になりつつあります。とはいえ、物流自体は必要不可欠。そのため、できるだけコストを削減していく必要性が出てくる、というわけです。

物流単価の見直し

物流単価は継続的に使っていると、相場よりも高くなっていることに気付けなくなっているケースがあります。金額を適正水準に合わせるようにして、もし大きなズレがあるなら、金額を見直していく必要があるでしょう。

分散している拠点の集約

拠点が多くなっている場合、その分拠点の維持コストなどが高額になってきます。拠点の場所や数を見直し、必要に応じて集約していくといいでしょう。拠点単体のコストが上がったとしても、全体的なコストを削減できれば、トータルではメリットが生まれます。

業務をアウトソーシングする

現状自社で行っている業務をアウトソーシングすることで、人件費や倉庫の賃料などを削減することにつながるケースがあります。また、アウトソーシングすることによって、本来の業務に集中できる、物流コストを明確にできる、専門業者がトラブルにも対応してくれる、といったメリットもあります。

こうしたアウトソーシングでは、「3PL(Third-Party Logistics)」と呼ばれる、物流改革の提案から、業務までを包括して委託する業務を指す言葉もあります。

物流コスト削減の成功事例

アウトソーシングで物流コスト削減に成功した例

実際に業務をアウトソーシングしたことによって、月額の保管料や送料単価が下がっただけでなく、誤発送なども減ったことによって、トータルでコストが削減されました。

参照元:株式会社データビジネスサプライ公式サイト(https://www.dbs.jp/case/costdown.html)

物流拠点の集約をおこなうことでコスト削減した例

工場施設用機械メーカーでは、補修パーツを部品メーカーから調達し、国内5か所の物流拠点に保管。全国のユーザーに納品をしていました。

課題は、物流コストが高く、在庫量の過剰気味だったことです。しかし、何が問題で、どのように改善すればよいのかがわかりませんでした。

そこで、製品をカテゴリー別に、各拠点からどこへどれだけの貨物が出荷しているのかを分析。さらに、日別の出荷数量や横持移動の実態など、問題点になりそうな部分を分析しました。出荷状況や在庫の管理状況についても聞き取り調査を行った結果、無駄な在庫が発生し、各拠点から仕向地への重複が過剰であることが判明しました。

そこで、拠点を5か所から3か所へと集約。発注や発注店計算は、物流中核拠点に集約しました。大量出庫がある特定のユーザーに対しては、メーカーによる直接納品の体制に変更することに。これにより、物流トータルコストの20%削減と、物流在庫金額15%の圧縮に成功しています。

参照元:NIPPON EXPRESS(https://www.nittsu-soken.co.jp/consulting/case-10

競合配送の導入でコスト削減した例

都心部で31か所の外食チェーン店舗に配送を行っていた大手食品問屋では、2020年に都心部での打ち上げが激減。それに伴い、トラックの積載率が大きく下回ってしまいました。それでも、運行をなくすことはできず、配送コストが利益を圧迫する状態になっていました。

そこで導入したのが、ケース単価での輸送依頼です。他の運送会社に輸送を委託することで、年間の輸送コストを110万円以上削減することに成功しています。

ケース単価で輸送を委託することによって、シーズンで出荷量に差がある場合でも、無駄な費用が発生しせずに経費を削減できます。

参照元:北王流通株式会社(https://www.hrg.co.jp/pages/69/

まとめ

物流コストは継続的に発生するものであり、小さな金額の積み重ねが、積もり積もって大きな金額になることもあります。もし現状のコストが高額になっていると思われるのであれば、一度トータルで見直してみることをおすすめします。また、現在ではアウトソーシングできる専門業者もあるので、そのような業者にトータルで委託した際の金額なども、比較材料として確認してみるといいでしょう。

大阪の運送会社で
おすすめ3社を紹介!
(物流倉庫あり)

少しでも配送コストを安く抑えるためには、自社の商材ジャンルの搬送を得意としている運送会社を選ぶことが大事。
大阪から全国各地へ小口配送をしたい中小企業の為に、配送・保管の品質を担保できる大阪の運送会社おすすめ3社※を紹介。それぞれを得意な搬送物ごとに厳選しました。

※大阪府に本社がある従業員数50人以上~300人の一般貨物輸送業者から、事業所複数社あり、創業から30年以上で全国小口配送可能な企業を選出しています。(2022年6月時点)