大阪の中小企業向け運送会社の選び方 物流・配送コスト削減ガイド » 車種別・運送会社の選び方や注意点 » 平ボディとはなにか?

公開日: |更新日:

平ボディとはなにか?

平ボディとは?

荷台部分がフラットになっているトラックで、「アオリ」という落下防止柵で囲まれています。屋根はなく、荷物は雨や日光に晒されることになります。

荷台の高さによって3タイプに分けられます。

「超低床型平タイプ」は、地上から荷台までの高さが780〜785mmの、最も低いタイプの平ボディです。タイヤも小口径で荷台が低いので、積み下ろしが楽です。反面、振動や衝撃が伝わりやすい難点もあります。

「全低床型平タイプ」は地上から荷台までが840〜970mmと、高さバランスの良いトラックです。使い勝手がよく幅広い用途に使えます。

「高床型平タイプ」は、地上から荷台までが925〜1,105mmと最も高い平ボディです。タイヤの口径も大きいため、振動や衝撃は少なくなりますが、荷台までが高いために積み込みにフォークリフトやクレーンが必要なこともあります。長距離運送に向いています。

平ボディで運ぶべき貨物の種類

引っ越し

平ボディは、高さの制限内であればどのような形のものでも積めるというメリットがあります。大型家電や家具など、さまざまな生活用品を運ばなければならない引っ越しに向いています。

荷台を囲っているアオリを下げてしまえば、フラットな荷台がすべて露出するので、1人が上に乗ってもう1人が下から上げるなど、複数人で作業するのにも適しています。

パレット物

パレットとは、その上に運ぶ荷物を積んでおき、パレットのサイドにある差し込み口からフォークリフトのフォークを差し込み、そのまま移動やトラックへの積み込みができるものです。

パレットごと荷物を積み込めるため、平ボディのフラットな荷台に積み込みやすく、荷下ろしの際にもパレットのまま下ろすことができます。

建築資材・重機

建築資材には石膏ボードや木材など、平らな面に積みやすいものが多くあります。荷台が完全にフラットな平ボディに積み下ろしがしやすく、建築資材を運ぶのに適しています。

また、荷台が平らなのは重機などの機械類も載せやすいという特徴があります。農作業など、重機を移動させる必要がある場合にも平ボディは重宝します。

業者選びのポイント

荷崩れ防止対策

平ボディは運転しやすく積荷の自由度が高いのが魅力です。しかし、アオリ以外に荷物を覆うものがなく、走行中に荷崩れや落下のリスクも高くなります。

荷物に応じてシートやロープなどでしっかり積荷を固定し、荷崩れ防止対策をしっかりできる業者に依頼しましょう。

シート掛けやロープ掛けは、簡単に見えても技術の必要な作業です。荷崩れや落下は事故の元になりますので、十分に気をつけましょう。

法規制の遵守

積荷の自由度が高いだけに、平ボディでは法規制を遵守することが大切です。以下の3つの項目を遵守しましょう。

法規制を守らないと、道路交通法違反となりますので注意しましょう。

荷崩れ防止と法規制遵守が大切

荷物の積み下ろしが楽で、多種多様な用途に使え、ボディサイズも豊富な平ボディは自由度が高くとても便利です。しかし、荷物を囲うものがアオリしかないため、荷崩れや落下のリスクもあります。

シートやロープなどでしっかり荷崩れ防止を行い、積載の法規制を守って利用しましょう。

大阪の運送会社で
おすすめ3社を紹介!
(物流倉庫あり)

少しでも配送コストを安く抑えるためには、自社の商材ジャンルの搬送を得意としている運送会社を選ぶことが大事。
大阪から全国各地へ小口配送をしたい中小企業の為に、配送・保管の品質を担保できる大阪の運送会社おすすめ3社※を紹介。それぞれを得意な搬送物ごとに厳選しました。

※大阪府に本社がある従業員数50人以上~300人の一般貨物輸送業者から、事業所複数社あり、創業から30年以上で全国小口配送可能な企業を選出しています。(2022年6月時点)